スノーボード

シーズン1発目!「中山峠スキー場」

P1010497

「友達が地元からボードに来るから、初すべりに行かない?」と筋肉Nから誘いが。そりゃ誘われなくても行くだろう...ってコトで、12/9は札幌国際に決定。

前日の夜、「いつもの店」となった某店のカウンターで飲んでいたら、筋肉Nとその友達に強襲された。

友達とは、今年の全日本ママチャリ12時間耐久レースで偶然スタートが隣になったM君であった。ともかく、店の終了まで飲んでたりだ。

そんなコトで出発は10時過ぎに。ウチまでM君の水平対抗に6速ミッション、しかしボードも詰めるあの車で迎えに来てもらうが、運転は筋肉N...お前、昔乗っていたエボ4以来何年ぶりのマニュアルだぁ?

てなコトでいつエンストするかを楽しむドライブとなったが、残念ながら俺の前ではエンストすることもなくM君に交代。さあ、定山渓のトンネル抜けて...

「今、スキー場駐車場1時間待ちって看板出てなかった」「出てた」「ガセじゃないか?」「ダメならキロロか中山峠か...」

定山渓の山の中をしばらく突き進むと、大渋滞。世の中、いつの間にかスキーブームが復活しておったのか?

キロロに抜けるのもほぼムリ...せっかく遠くから遠征してきたM君には悪いが、こうなればもう行き先は1つ...

で、中山峠。閉鎖の危機から立ち直った中山は、国際があんなでもやっぱり空いている。でもシーズン初めには丁度いいのだ。重いが安定するOXGENでメシ挟んでダラっと10本。

ともかく滑られた。良かった。ハンドスライドばかりのヒラヒラ滑りだったけど、まあ満足。

残念ながら温泉は無しにしたが、ともかくやっとシーズンインなのだ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シーズン5発目!「Mt.レースイ」

IMGP0671


体にガタがきたので有休取ってレースイへ。

朝4時までヤケ飲みしていた後輩Hは当然ながらチト遅刻。後輩G拾って一路レースイへ。

途中のコンビニで朝メシと「イブニング」購入。「もやしもん」が完璧に確変中です...もうやりたい放題!

No.1女幹部のハセガワが反樹チャン連合を企む中、樹チャン秘密基地では新たなる女幹部が...(微妙にそういうマンガじゃねぇなぁ)ストーリーも構成もホント気持ちのいいくらい暴走しているなぁ。

...はともかく、そろそろ山も目前とゆ~所で後輩Hが「ウエア忘れたかも...いや、完璧忘れた」。

前に一度忘れた時はウチで気づいたトキはウエア貸してやったが、ココまで来たらそれも無理。「あんたナニモノやねん」とゆ~姿でセンターハウスのレンタルコーナーに行った後輩Hは「身分証明が~」とまた車へ逆戻り。哀れ...

IMGP0668

まあ、後輩Gは誕生日割引、俺とHはリピーター割引(3回行くと半額なのだレースイ)で安く滑られたから、まぁ...

平日のレースイですから車は20台くらい。自衛隊のカーキー色の初・中級講座の人が目立つ程度の素晴らしい空きよう。しかし...

さすがにもうガリガリシーズン。5cmくらいの雪の下はそれなりに凍っていて、「ガリガリ君状態」。昼前に持ち出した板もガリガリ君な固さのHOTブラスト160。もう全然板はコントロール外の生き物(笑)

暖かかったので久々にソニーCCD病のデジカメOptio43WRが生き返ったのでムービーも撮ったけど、ガリガリの上に無理矢理ハンドスライドに行って手ェはじかれて、雪が顔面直撃...を2度繰り返したり(笑)

滑り足りない今年は脚にクルのも早いので、一度コーヒー休憩にして板をOXGENに交換。んでもちょっと気合入れると板がガリガリで抜けて「ガガガガガ」っとスライド。

さっさと休憩入れて、なぜか体力が復活して滑り続ける後輩Hに「逆ひねりだ~」「左手ヒザにロックして滑れ~」と指導だかイチャモンだかワカランコーチング(笑)

温泉はユンニの湯へ。昼メシ食べてなかったので、ランチ+温泉パック(1200円)にしたのだけど、メシがなかなか良い!つか後輩Hの頼んだ日替わり定食のエビフライ定食の30cm級のエビの大きさといったら。エビ星人として有名なアキラ君に食べさせたいモノである。後輩Hは頭まで食っていたしなぁ...

なんにしろ、温泉入っても全身筋肉痛なくらい、ガリガリ君はクルのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シーズン4発目!「Mt.レースイ」

先々週はN女史とW嬢を連れて両手に花?状態でキロロに向かうも吹雪で断念、先週は会社から呼び出されて...とまったく進展しない今シーズン。

本日は昨年まったく滑らなかった友人I氏とレースイへ。天気も良くどこのスキー場行っても良かったけど、ワンメイクの大会があったのでちょっと観たくなったのだ。

迎えに来るなり「寝てない」とのI氏。昨晩のトリノオリンピック「女子カーリング」を朝6時まで見ていたとのコトである。

確かに今年の女子カーリングは面白い。フジのカナダ戦は見ていたのだけど、個人的にカーリングは...


俺が高校の時に下宿から帰郷していてゴロゴロしていた冬休み、ウチのバカオヤジが派手な箒を持って帰ってきた。

俺:「なんだよその箒は」

オヤジ:「時代はカーリングだ。こんな面白いモンはない、これはその道具だ!」

俺:「まあ、そんな箒だけでいいなら、金がかからないからいいんじゃないか?」

オヤジ:「バカモノ、これは○万円のカナダ製の箒だぞ...」

家族一同:「ハァ?」

...その後、ウチにカナダ製のデッキブラシやらカナダ製のサンダル(?)やらカナダ製の片足だけツルツルなスニーカーが揃って行ったのは言うまでもない。さらに遠征で(トリノとカーリング映画「シムソンズ」で少し有名になりつつある)常呂町とかワインで有名な(おかげで高校のコロはワインには不自由しなかったが)池田町とゆ~結構遠いトコに遠征して金使ってだ。

当時のウチの家族にゃ「カーリング=オヤジの(金のかかる)道楽」であったのだ。

しかし、その数年後にウチのバカオヤジ達が北海道大会で優勝して、新聞に載るとゆ~リアル「シムソンズ」な状況になったりするから世の中とゆ~ものは面白く、「バカの一念岩をも通す」と思ったりもしたのだが(笑)


さて、んなコトでレースイ。天候はなかなか。だがデジカメも携帯もCCDがイカれて写真し無し(デジカメは件のソニーCCDハズレ事件対象であり、携帯も...)。

リフトに乗っているとやたら巧いアルペンボードが。案の定、後輩Gの兄であった。頂上でかるく挨拶して別れるが、しかし頑張るよなぁ...

今日の板はOXGEN PROTON160。こないだのHOTはかなりヤラれたので、いつもの板で自信を回復するつもり...で、まあ、そこそこ俺にゃ納得の滑りが。I氏が久々にスキーの長板を持ってきたので、MAX30度のレーシングラインもかつかつ滑ったけど、高速だと非常に安定して楽しいのだOXGEN。今日はバックサイドの姿勢もそれなりに良くなったしなぁ...

で、ワンメイク大会。インスペクションをダラっと観ていたんだけど、スキーのレベルが異様に高い。いきなり上村ばりのコークスクリューを数名が飛んでいたりだ。(しかも中には入りがフェーキーの奴も)

ボーダーはそれなり。(720が多かった)

昼メシ時にI氏が「足がイタイ~」と言い出したので、午後はワンメイクのスキーの決勝1st観て、1本滑って終わりに。ちょっと勿体無いけど、結構本数稼いでいたし、気持ちいい滑りのまま帰るのも悪くないのでそのまま帰札。

温泉はI氏が行ったコト無いとゆ~ので、また「森のゆ」へ。日曜で混んでいたので狭めのサウナは入れなかったけど、露天で長居したからまあいいや。

その後にゼビオドームでアルペンボードの品薄にがっくりし(まあ、しょうがないけどね)、アウトドア専門店の秀岳荘で無駄使いして帰宅の一日であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シーズン3発目!「Mt.レースイ」

今日もまたレースイ。今年は非常にバリエーションの少ない年になりそうだ...

朝っぱらから、着替えから2度寝して後輩Hのメールにたたき起こされる。外に出たら今日も結構な積雪...ど~なっているんだか今年は。途中で後輩Gを拾ってレースイへ、天気は微妙に曇っているけどまずまずか。

到着しての1本目、いきなり「あ、ウチの兄ちゃんだ」...。ウチらの大師匠といえるG兄も来ていたのだ。

クワッドの上で待っていたら、G兄のチームのメンツも来ていて、周りを見渡したらなんかアルペンボード履いている人間が15人くらいいる!

もはやテレマークスキーに人工で負けるような状態のさびしいアルペンボード、キロロあたりでも俺たちの他は大抵2~3人なのになぁ。かなりビックリ。なおかつ俺より圧倒的に上手いのが大半(現役レーサーもいるし)とゆ~恐るべき状態...はははは。

本日はこないだ後輩Gから回ってきたHOTのブラスト160と176の2枚抱えていった。最初は長い176cmのほうで出撃。序盤はフロントの入り込みが気になったけど、丁寧に乗るとそこそこ動かせ、思いのほか良い感じ。まあ、若干違和感はあるのだけど、どうもスタンス幅が少し広かった模様。スケールで計らないで目見当で付けたしなぁ...

で、昼前の後半に本命の160cm。固い・跳ねるとゆ~評判の板であるが、その前にリフト降りたらブーツがバインディングに嵌らない。F2のインテックを移植して、昨夜は問題なかったのになぁ...。こんな時に限ってドライバー持ってこなかったので、しょうがないから適当なカギで調整。

2本くらいレースイの裏滑った限りでは昔乗っていたロシニョールの板よりも跳ねず、重さもOXGEN程ではない。エッジの角度が結構ついていて、フラットだとスカスカ、ターンではがっつり刺さり、そのわりには下に下に落ちていく板と感じたのだけど...

昼メシ食ってから、メインのダンシングA・Bに...なにせもう安定しない。ロングターンはガタガタ振動するし、ミドル・ショートターンでは一気に体持っていかれる。今日のレースイは人も多いし怖いよ~。(一応、当方ボード保険には入っています)

さっきの調整で後ろ足のブーツが少し遊んでいたので再調整、それにしても...

荒れた雪面の入力と疲れた足のビビリをボードが全く吸収してくれない、バネレート倍にした車のような板なのだ、これは。なおかつ一気に加重かけると板全体が跳ねてコントロールどころの話じゃない(笑)

また普通の板だと板の中心から綺麗に反発するけど、コレは感覚としては板全体で反発してるみたいなのだ。

すげ~ジャジャ馬...ある種とてつもなくオモロイ。しかし、体力は一気に持っていかれる悪魔のようなボードなのだ。そういえば操作感覚は初代リッジレーサーのデビルカーだよな~コレ。

...普段の7割滑るかどうかで撤収。カッコ良くは滑られないけど、大変修行となる板なので、本格的に貰っておくコトに。

温泉はユーパロの湯。寝不足でイマイチ体調不良でもあったのでサウナで軽い脱水症状とゆ~かひたすら喉渇いたりだけど、そんくらい疲れたのである。HOTの板はバケモノか...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シーズン2発目!「Mt.レースイ」

IMGP0666X


まったく進行しない今シーズンであるが、なんとか2発目、ホームコースのレースイに。メンツは後輩G・H・Sと俺。

そして平日のレースイは駐車場1割状態...ありがたいが、頑張れ、バリバリ夕張!

天候は、もう吹雪。というか頂上からクワッドまではガスもかかって何も見えません~な感じ。雪面変化もワカランし、もうなんとか足先でゴマかして下りる状態。昼メシ前の一本はあられのような雪で顔が痛い痛い!

クワッド横のダンシングA・Bはそれなりになんとか見えたのでガツガツ滑る。今日はバックサイドの姿勢のダメ直しだ~...

4本滑ると、チケットホルダー車に忘れた後輩Gが戻ってきて、速攻「手ェついてない時のフロントサイドが~」。あぁ、今日も師匠からチェックが...

バックサイドの視線の修正していた4本目、フロントサイドの時の視線がおろそかになっていて、キレ上がりのあるターンになっていなかったのだ。(ハンドスライドしている時は手ェついての雪の飛び加減見ているため、視線が良い方向なのだ)

「いや、バックサイドの修正でさぁ、次直すヨ」とか言って、その後は気を使ってロングターン。まあ、意識してれば修正できるのさ、そのくらい。

しかし「基本通りのロングターンはいまいちツマラン」と思っているのでレースイのファーストガンダムのボールさんそっくりの狭いゴンドラ(クワッドのアナウンスはミライさんの声だったりもするレースイ)の中で後輩Gに持論を展開。

まあ、自慢の体重?と脚力で板をたわませて、その反発による推進力でターンの後半から次のターンまでを無理矢理速くしたい。で、ターンの後半はむやみに板を走らせる...つもりなのでサイドカーブによる綺麗な弧を描くターンは捨ててるのだ。(とゆ~かガマンできない)

...と。ロングターンよりも板のたわむミドルターン~斜滑降ぎみ~ミドルターンとゆ~いつもの奴なのだ...見た目はカッコ悪いけどなぁ。(まぁ、理想の動きはマグネットコーティング後のガンダムなのだ(笑))

こないだのキロロは軟くて軽くて長いロングターン向きなF2だったけど、今日は固くて重くて短いメインボードのOXGENだしねぇ。

とか言っていたら、後輩Gが「んで、固くて俺に合わない、反発がイイHOT持ってきた」...ああ、見透かされとるわ。つか、いつも「無駄に反発のいい板欲しい」とゆ~とるしねぇ。

で、写真が左からサブのF2、メインのOXGEN、そして今日貰ってきた(まあ、ナンボか払おう)HOT BLAST160&176...これで、板11枚!ど~するのよ俺!!(爆)

そんな中、後輩Hは逆ひねり修正、フリースタイルの後輩Sはグラトリ+レールの修行なのであった(しかし、いつの間にテーブルトップで回れるようになったのさ?!。

後半はオヤジモードの後輩Gと俺は見学だ...。全開で飛ばしていたら肺がついていかなかった)

温泉は森の湯。コーラ色のすべすべ湯でダラダラと湯治...そういえば、今日は足裏が大丈夫だった。F2とブーツの相性が悪いのかなぁ?

で、新札幌駅の龍竜で塩チャーシュー。まっとうな塩ラーメンもいいのである。

※ 愛機のデジカメ、「PENTAX OptioWR(ガチ防水がボード向き)」が冷えるとCCDが動かない状態に...1年半かぁ...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シーズン17発目!「キロロ」

DSC00283

4/3は後輩H、後輩Sとキロロ!

札幌は雨模様。かなり心配したが毛無山に入ると雪。さすがキロロ、春一番でもなんともないぜ!

で、余市で足慣らし...と思ったが、ワックスが合わず、雪が重くて全然スピードが出ない。しょうがなく長嶺第2へ...

コレがもう視界が無くなるぐらいの雪+新雪ボコボコ斜面。見えないから適当なリズムでジャンプターンで切り抜けるつもりなのだけど、やはり適当なボコボコ加減にやられてコケまくり。ただ、それも楽しい(笑)

にしても身体の負担は大きく、温泉は初の「湯の花」。

なんとサウナと露天の2つともTVが!素晴らしい。しかし春の露天はのぼせやすく長湯は出来なかった...来年のハイシーズンは必ずリベンジだ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シーズン16発目!「Mt.レースイ」

3/21は後輩Hと、某画伯を連れてレースイ。

ひたすら画伯のコーチ。どうもフロントサイドがイマイチである。
俺の教え方の悪さでもありちょっと反省。

自分もF2の板のバックサイドがイマイチ不安定でヘコむ。OXYGENの重さと固さに慣れてしまったため、無理矢理加圧して板が噛み込みすぎるのだが...

うむ~シーズン終わりなのに納得いかん!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シーズン15発目!「ルスツ」

405pic

3/4は「ルスツ」!久々の、北海道最大ゲレンデルスツ!!メンツは俺、後輩G、筋肉N。

午前中は天候もナカナカ。もちろんEASTに車止めて、イゾラ~EASTの2つの山を滑りまくり(当然のごとくWESTには行かなかった。ちょっと俺は行きたかったのだけど)。

んが、なにかちょっと違和感。昔はとても楽しかったルスツのロングクルージングがイマイチ楽しくないのだ。理由は簡単。斜度が足りない~!!

慣れってゆ~のはコワイもので、昔は楽しかった斜度も今では物足りないのだ。上手くなったとゆ~のもあるのだろうけど。

とか思ったらバチが当たって、どうでもいいトコでギャップに入ってコケた。情けないったらありゃしない、痛いし。

帰りの温泉は「ゆらら」首が治りますように~!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シーズン13発目!「サッポロテイネ」

IMGP0390

2/19は午前中だけ「サッポロテイネ」へ。メンツは俺、後輩H、後輩Sの3人。

午前中だけなので高速使えばすぐのテイネにしたが、今年は加森観光が気合を入れて「テイネハイランド」「テイネオリンピア」の2つのスキー場をくっつけたのでちょっと楽しみ。

...と、いいつつ時間がないからハイランド側のロープウェイ乗り場に直行し(つまりオリンピア側には行かないのだ)森林コースで足慣らし。ついでにフリースタイルの後輩Sを飛ばせたりだ。

s_teine

足慣らし後はパノラマ~(オリンピック)女子大回転とゆ~コースで滑る。斜度もあり、ギャップもあり、人も多いとゆ~厳しいトコだが修行にはもってこいか。

近場のスキー場を見直さねばと思う半日であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シーズン12発目!「キロロ」

DSC00282

なんかレースイと日高国際、最初の札幌国際とバリエーションが薄い今シーズン。なので2/15は久々にキロロへ。メンツは後輩G、筋肉N、アキラくん、後輩H、車はもちろんHのX-TRAIL。

まずは余市で足慣らし。今回の板はこないだ後輩Gの兄から中古で買ったSPEEDSTER RS168の '02-'03モデル。前からF2乗りたかったし、168とゆ~微妙な長さも良さそうなので買った板であるが、適当にセッティングしたバインディングの位置が合わずに前の加重が不足してショボショボ滑り。

師匠である後輩Gに「後輩Hの滑りを参考に~」とか言われる始末。今期、俺以上に山に通う後輩H...しかしまだまだ負けるわけにはいかぬ。この滑りは板のせいなのだ...

...とゆ~か、言ってる後輩Gこそが新しく仕入れたバートンの板のセッティングに失敗してショボショボなのである。3Dカントが手に入らなかった~と言い訳しとるが...言い訳はお互い様か。

足慣らし後は長嶺第2でガシガシ...の予定がなんか凄い吹雪状態。なんとか滑っていたが昼前ラスの1本なんかもう顔凍傷状態...長嶺でカレー食って、なんどか長嶺滑って、平らで有名な長嶺第1を必死で降りて(途中で止まるのだ、ドジると)、昼からはセンターとまた余市。

今期全然滑ってないアキラ君と後輩Gが音を上げたので、ホテルピアノの森林の湯へ。ちょっとカルキの香りが漂うが、それでも温泉はイイ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)