« January 2007 | Main | April 2008 »

August 2007

はだしの(おやじの?)GIANT KILLING!

8/27 コンサドーレ札幌の聖地、厚別公園競技場...の今日は、北海道知事杯サッカー大会決勝。


後輩Mとメインスタンドの一角に腰を下ろす。(仕事でMはハーフタイムに消えたが)

守りまくるチームと攻めまくるチームの戦いは、途中で守りのチームの監督が「俺が行く!!」などとなかなか見られない光景を交えつつ、延長、そしてPKへ。


守りのチームが勝った。


知事杯の決勝は天皇杯のゼロ回戦。そう、この守りのチームはプロもアマチュアも公平に日本一を争える天皇杯に進出を決めたのだ。


そして、そのピッチには俺が知る限り、一番サッカーを愛している男が躍っていた。


うちのママチャリチームのエースであり、PRIDE仲間として一緒にさいたまに行った、足球Oである。


もう30過ぎてるこの男は、しかし、いまだサッカーに出来る限りの人生を注いでいる。

身近で見ていれば、その中で失ったものが少なくないコトも良く解る。

しかし、見ていてこれほど幸せな奴もいないよな~と思うコトも少なくない。

他の人のブログ等で個人名挙げて「良くやっている」と書かれているのは認めてくれる人がいるコトの確かな証だし。俺が人生崩している読書道とは違うもんなぁ。


寸前に身体ボロボロになって、整体にケアに行ったトキ(俺は情けないけど頭痛腰痛のケアだが)、なんとか次だけ勝ってTVに写りたい(この試合はローカル放送されたのだ)...と言っていたのは、まあご愛嬌か?!


いや、もちろん決勝のピッチでは誰よりも「いいサッカーがしたい」と思っていたハズだし、じっさい果たしたんだ。ドロ臭いサッカーだったけど、やりとげたからこそ次の大ステージに登ったわけだし。


次はまた厚別で大阪代表との戦い。レベルが高い地区だからかなり厳しい戦いになるけど、この素晴らしくココロの折れない(全日本ママチャリ12時間耐久以外は)男と、北海道では数少ないジュニアから持つクラブチームのメンバーがGIANT KILLINGを起すことを期待したい。

※ ちなみにマンガのGIANT KILLINGはモーニング連載中(原作:綱本将也・画:ツジトモ)。大物チームをブッ倒すことが生きがいのサッカーバカが監督としてJ1残留争いのチームを立て直す...マンガになるハズ。サッカーマンガとしては能田達規が少年チャンピオンで連載していた良作「ORANGE」のように数少ない「チームと戦術はもちろん、サポーターを含めた『クラブ』を描ける」作品であり、今一番旬?!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ボロボロでした&ですが!


すっげー久々です。


単純に頭痛に負けてました。


脳外科に行ってMRA撮ったけどワカランくて、整形行ってMRI&CT撮ったら首と腰のホネがズレとりました(笑)

ズレ自体はたいしたコト無いですが、元々肩凝り&頭痛持ちで上下ともヤラれたためか、首・背筋・腰・ケツ(整体で笑われた)まで張ってこって、寝れない&頭痛で動けない連発とゆ~マヌケなありさま。

冬までは、土曜に寝込み、ヒマな日曜になんとかブログ書き...だったのが、春以降は土曜に寝込み、日曜に寝込むとゆ~日々が続く状態。なおかつ痛みで寝つきが悪いから、寝込んでも体力減るばかり。

つか最近は仕事も昔のペースだと1週間持たない状態。薬飲まないと朝夕かならず頭痛、薬飲むと夕方睡魔でグラグラ、その後に結局頭痛...薬イミね~!!

腰のコルセットは...無駄な曲がりは無くなるけど、ランエボのレカロシートにはもちろん合わず、ズリ上がってアバラに食い込む(笑)。

春から無理でも体活性化させようと会社仲間のフットサルチームに邪魔してたんだけど、コルセットして出たら速攻足つって、そのまま数分動いたら少し筋肉切れたみたいで1週間程激痛。(が、マヌケで言えないから会社では脂汗たらして仕事してたり)、その後は数回、数分だけピッチに立ったけど、ほぼ引退状態。

自転車のほうはモエレ沼の北海道ママチャリ耐久リレーが会社野球部の試合にバッティング、十勝の全日本ママチャリ12時間耐久もエース足球Oのサッカー試合と重なった...コトを理由にパス...したコトになっているが、実際は俺のココロが折れていたからのほうが強いのだけど。

※ 会社で「自転車通勤禁止」とかヒヨった小学校じみたコトいい出して、カラダを差し引いても練習にならんかったのもある。(ヒヨり過ぎにも程がある...もうどうでもいいが。)

痛む肩凝り用アンメルツと頭痛用の熱さまシートを離せない状態で、やたら仕事が忙しい9月に向かうけど、実際、かなりヤバイ。乗り切っても...真面目に身の振り方考えないとイカンかねぇ?

まあ、弱音ばから吐いていてもしょうがないし、別に重病人ではないから、もう少し動いて体を活性化させよう...と思うだけ思っている日々なのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | April 2008 »