« 新春第1冊!「チーム・バチスタの栄光」 | Main | ボロボロでした&ですが! »

新春第2冊!「ナイチンゲールの沈黙」

この作品には3つのナイチンゲールが含まれている...


「ナイチンゲールの沈黙」(宝島社・海堂尊)

内容は...とある大学病院のボンクラ診療医田口が目の摘出を控えるガキ2人・美声の担当看護師・有名歌手&マネージャーの面倒を見...られないので、謎の役人白鳥が助けに。

白鳥のオタク能力によりガキの調教は進む。看護師は大忙しのままだが...まあしょうがない。有名歌手は田口の特別薬処方で少しマシに。そんな中、ガキの1人を巻き込んだ殺人事件が発生。警察から白鳥並みのキレ者&ボンクラ刑事が送られてくる...

「看護師=ナイチンゲール」

「血を吐いても歌う小鳥のような歌手=ナイチンゲール」

2つのナイチンゲールのフュージョン。この2つが融合するまでが描かれ、融合した時に物語は集結する。

刑事がキレ過ぎてて前作で素晴らしい活躍をした名探偵、白鳥の良さが消えたのが惜しい...というあたりが書評としての描きどころなのだけど、そんなのは誰でも描ける。

で、今回、ケロロ軍曹(らしきもの)口調のガキ、田口達は前回の波動砲どころかニュータイプまで一般名詞としてる。ああ、作者ガンダムチルドレンだったのね~!!

というコトで、これは福井晴敏の「終戦のローレライ」と同じく、ガンダムバカが描くニュータイプ話なのである。ミステリーではなくSF。シリーズなのに前作とは全然違うジャンル、でもスタンスは同じ...ガンダムバカすげ~ありえね~!!

というか、ガンダムが小説の1ジャンルになっちゃったのかもね、コレ。

まあ、ガンダムだけでなく、歌技ってトコはマクロスだし、ラストなんかまんまダーティペア。途中で千里眼なんてあだ名のキャラも出てくるもの...この人、フェイント前にオタクだけが解るヒント入れちゃうんだよね~サービス精神多すぎ。描いてて楽しそう(笑)

でも、ガンダム抜きでもちゃんと読める。キャラクターコントロールも白鳥は残念だが、それでもかなりのレベルだ。


さて、もう1つのナイチンゲールにそろそろ登場していただかなければならない。

最後のナイチンゲールは

「ガンダムのもう一人の主役、シャア・アズナブルが最後に載ったモビルスーツ=ナイチンゲール」

である。2つのナイチンゲールが融合した時、最後のナイチンゲールの意味も含んでしまう。それが真のラストである。最後に登場するあの男はシャアなのだもの。


あと、1作目からあだ名だけ出て姿を現さないシリーズのヒロインがいるのが...。3作目にドカンと出てくる準備は出来たので次こそはヒロインが出ますように。

まあ、ヒロインだでなく、3作目のネタについては今回オープンリーチのように晒しているのも凄いけど。ジャンルを変えてもシリーズの骨の「病院の中の生死」を描くコトには揺らぎがなかったので期待したい。

ともかく、正月にまとめ読みするに値するシリーズであった!!

|

« 新春第1冊!「チーム・バチスタの栄光」 | Main | ボロボロでした&ですが! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新春第2冊!「ナイチンゲールの沈黙」:

« 新春第1冊!「チーム・バチスタの栄光」 | Main | ボロボロでした&ですが! »